Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ニコラ・テスラと世界システム。フリーエネルギーは実在する!?

ニコラ・テスラと世界システム。フリーエネルギーは実在する!?
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する




こんにちは(*´∀`)丿☆NORIですぅ♪

今日は「フリーエネルギーは実在する!? ニコラ・テスラと世界システム」と題して、フリーエネルギーやニコラ・テスラという天才科学者について色々書きたいと思います!

皆さんは「ニコラ・テスラ」という天才発明家をご存知ですか?

あら?知らない・・・(´・ω・`)?

でも「トーマス・エジソン」は、皆さん知ってますよね☆

エジソンは「電気」を発明し、わたしたちは、今でもエジソンの発明である「電気」の恩恵を受けて生活しております。

電気を発明したのは「エジソン」と、わたしたちは学校で教えられてきました。

しかし・・・

実は、ニコラ・テスラという天才科学者は、エジソンよりも、はるかに人類のためになる「世界システム」というフリーエネルギーの仕組みを発明していたのです☆

これは、今から100年も前の出来事です。

しかし、多くの人は「ニコラ・テスラ」という発明家の名前を、殆ど聞いたことは無いかとは思います。

実は、それには理由があり、ある策略により、ニコラ・テスラの「世界システム」という世紀の大発明は、歴史上「なかった事」にされているのではないか?と言われているのです。

今日のお話は、所々「陰謀説」とも言われている様なお話も混じってきますので、信じるか?信じないか?は皆さん次第ですが、興味のある方は是非お読みいただけましたらと思います(*´∀`)丿




発明家ニコラ・テスラと“世界システム”とは?

ニコラ・テスラは、今から100年ほど前、エジソンと同じ時代に、エジソンと同じく「電気」の研究をしていた科学者でした。

そして、ニコラ・テスラは、エジソンの経営する会社で「社員」として働いていたのですね。

若い頃から才能豊かなニコラ・テスラは、すぐに頭角を現し、「交流電気」や「ラジオ」、「X線」の発見、「レーザー」など、様々な発明や発見をしました

中でも注目すべき世紀の大発明が、「テスラ・コイル」と「世界システム」です。

ニコラ・テスラの大発明である「テスラ・コイル」と「世界ステム」の概要を簡単に説明しますと・・・

「世界システム」とは、地球上に存在する「電気エネルギー」を増幅させる装置「テスラコイル」を使って、何もない所から「電気」を作り出す「フリーエネルギー」の装置です

それだけではありません。

ニコラ・テスラは、作り出した電気を送電線を使わずに、「電波」として世界中に送信する仕組みを考えたのでした

これは、まさ夢のシステムと言われ、ニコラ・テスラの世界システムについては、「そんなものは実在しない!」とか、「実在したけど、陰謀により消されてしまった」とか、様々な説が言われています。

わたし自身の見解としては、「世界システム」は実際には完成間近だったけど、途中で「消されたのではないか?」と考えております。

では、ニコラ・テスラの「世界システム」を、世の中から「無かった事」にしてしまったのは誰でしょうか?

実は、それがトーマス・エジソンなのです。




ニコラ・テスラの名があまり知られていない理由とは?

ニコラ・テスラは、当時、エジソンの経営する会社の社員でした。

エジソンも、電気の研究には大変熱心で、世界中に電気を送る仕組みづくりを研究していました。

しかし、エジソンの計画は、あくまでも「送電線」を使い、電気を各地域に送るという仕組みでした。

そして当時、エジソンの会社に投資をする、とある大富豪がいたのですね。(あえて名前は書きません)

大富豪は、エジソンの会社のために、世界中から莫大な量の送電線を買い漁っていました。

エジソンと大富豪は、世界中に送電線を使った電力供給網を構築しようとしていたのです。

それに対して、ニコラ・テスラの発明した「テスラコイル」と「世界システム」は、自然界から電気を取り出して、その電気を、送電線も使わずに世界中に配信するシステムです。

そして、ニコラ・テスラの「世界システム」は、「テスラコイル」という電気を取り出す機械と、送電をする装置に多少のお金はかかりますが、電気代と送電代金は「タダ!」と言う部分がポイントだったのです。

なにしろ、テスラ・コイルは、地球上のどこからでも電気を自由に取り出せる装置です。


※画像はニコラ・テスラの研究施設と、送電線を使わずに電気を送る為の巨大なアンテナ

一方、エジソンの発案した電極供給網は、「電力会社」という電気を生み出す大元に毎月電気代を支払い、送電線を使って、世界中の人たちに「電気を売る」という仕組みでした

そして、これが今現在でも、わたしたちが何の疑問もなく使っている「お金を払って電力を買うシステム」なのですね。

簡単に言うと・・・

電気は、半永久的に利益を得る事ができるビジネスになる!」と、考えたエジソンと大富豪にとっては、ニコラ・テスラは邪魔な存在だったのです。

その為、エジソンとニコラ・テスラは、考え方の違いにより常に対立していた様です。

そしてある日・・・

ニコラ・テスラの研究所は、原因不明の火事にあいました。

研究所の火事によって、ニコラ・テスラの発明した「テスラコイル」も「世界システム」も、灰となって消えてしまったのですね。

その後、焼け跡には当局の調査が入り、ニコラ・テスラの膨大な研究結果の残骸は、綺麗サッパリ持ち去られてしまったと言われています。

 

現在も活きているテスラ・コイルの技術

ニコラ・テスラは、これまでに様々な発明をしてきました。

ニコラ・テスラと言えば、上の写真の様に、放電する稲妻の中でしれ〜っと本を読んでいるニコラ・テスラの写真は有名ですね(*´∀`)☆

ちなみに、数百万ボルトの高い電圧の電気を、世界で最初に作り出したのも、ニコラ・テスラです。

ニコラ・テスラいわく、テスラ・コイルを使って膨大な電気エネルギーを放出すれば、惑星を真っ二つにすることだって可能だ!なんて事も言っていたそうです。

時にそんな過激な発言もしていた二コラ・テスラは、上のようなぶっ飛んだ写真のイメージもあり、「マッドサイエンティスト」なんて呼ばれたりもしましたw

ニコラ・テスラの発明したテスラ・コイルの技術は、今でも様々な所で活用されています。

たとえば、電波が元となっているラジオや無線機、モーターやX線、レントゲンなど・・・

ニコラ・テスラがいなかったら、現在は存在しなかったでしょう。

また、電気自動車のパイオニアメーカーである、「テスラモーターズ」は、CEOのイーロン・マスク氏が、ニコラ・テスラをリスペクトして社名を付けた言われています。

イーロン・マスクは、他にも宇宙事業を行う「スペースX社」のCEOでもありますね☆


※画像は、スペースX社が開発したロケットが、世界初の「垂直離着陸」に成功した瞬間

このように、ニコラ・テスラは、現在わたしたちの生活に欠かすことが出来ない様々な機械の発明に携わり、今でも多くの研究者たちにリスペクトされています。

そして、もし、ニコラ・テスラにより「世界システム」が実現されていたら、現在のような「毎月電気代を払って電力を得る」なんて社会システムにはならなかったかもしれませんね(*´ω`*)

 

フリーエネルギーは実現するのか?

はたして、フリーエネルギーなんて本当に実在するのでしょうか?

わたしの見解では「すでに技術的には実現可能」と考えています。

ただ、それが表沙汰にならない理由は、エネルギーによる利権構造にあるのでしょう。

何しろ、フリーエネルギー装置が世の中に知れ渡ってしまったら「石油」が必要なくなってしまうのですからね(*´∀`)丿

この問題には、地球温暖化や、オゾン層の破壊現象、南極の氷が溶けて水面上昇?などなど・・・

実に様々な「エネルギー問題」が絡んできますので、何が本当で、何が嘘なのか?というのは、与えられた情報をすべて信じるのではなく、是非皆さん一人一人の感性で、真実を見極めていただければと思います☆

あっ、最後にこのくらいは書いても問題ないかな・・・

少し前は「石油」はあと40年で無くなる!なんて言われてましたが・・・

本当は、石油の採掘可能な埋蔵量は軽く見積もってあと10万年分はあるそうですw

あと、石油は化石燃料ではありません(*´∀`)丿

このへんの情報は、最近では多くの科学者が認め初めてきましたね♪

読んで頂きありがとうございました!

関連記事
3・6・9が持つ数字のパワーを信じていたニコラ・テスラ