Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

素直に生きれば人生が上手くいく!?幸せになるための素直さのススメ

素直に生きれば人生が上手くいく!?幸せになるための素直さのススメ
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する




こんにちは☆NORIです(*´ω`*)ノ

今日は「素直に生きれば人生が上手くいく!?幸せになるための素直さのススメ」というお話をしますね♪

世の中には色んな性格の人がいます。

素直な人、ひねくれ者、意地悪な人、偏屈な人・・・etc..

では皆さんは、どういった性格の人が人生をより楽しく豊かに生きることが出来ると思いますか?

実は、これは人によって違うのですが・・・

ただ、大抵の方の場合は「素直さ」というのは生きていく上でプラスに働くことが多く、素直な人の方が、人生で得をすることが多いと言えます。

もしも今、人生が上手く行っていないという方がいましたら、「もしかしたら自分は素直に人生を生きているだろうか?」ということを、ちょっと考えたほうが良いかもしれません。

そんなわけで〜

今日は「素直さ」について色々書いていきますね☆


スポンサーリンク




世の中の9割以上の人は、素直に生きたほうが人生が上手くいく!?

たとえば、世の中にはいろんな才能を生まれつき持っている人がいます。

スポーツが得意な人、お金儲けが得意な人、異性にモテる人・・・

こういった才能というのは「先天的」に備わっていて、その才能のおかげで人生を成功させる人もいることでしょう。

しかし実際は、そういった生まれ持った才能を上手に使うことが出来て、人生が上手くいく人なんてのは一握りしかいないと言えます。

多くの人は、生まれ持った才能に気づかないまま、ある意味普通の人生を送ると言えるでしょう。

では、わたしたちの様な「普通の人達」が、人生をより幸せに生きるためにはどうすればよいか?というと、まずは、「素直に人の言うことを聞く」ということを、やってみた方が良いのですね。

たとえば、このサイトでは繰り返し「プラス思考でいましょう」とか、「愚痴や文句を言うのを辞めましょう」という事を書いております。

わたしが何故こういった同じことを何度も書くのかというと、これが、全ての人に当てはまる成功法則だからです。

今、人生がうまく行っていない人は、とりあえず愚痴や文句や泣き言を言うのを辞める。というのを実践し始めると、必ず人生は好転するのですね。

これは全て人に当てはまることであり、わたしも、自身満々で皆様にお伝えできる情報なのですね

関連記事
マイナス思考は自分も他人も不幸にする。プラス思考のススメ
明るくプラス思考に生きる人は、それだけで価値がある人なのです

しかし面白い事に、わたしがこういった事を何度書いても、あいかわらず愚痴や不満を言い続けている人はいます。

「人を憎んだり恨んだりすることは、自分自身が損することなので辞めたほうがいいよ」

と、何度書いても、あいかわらず誰かを恨み続ける人は一定数いるわけなのです。

では、そういった人たちは何故、愚痴や文句をいうことを辞めないのか?というと、素直じゃないからなのですね(・∀・)

つまり、素直じゃないから人の言うことを聞かないのです。

わたしから見ると、そういった人たちは、自分で好んで不幸な人生に進んでいるようにしか見えないのですね。

だって、人生の「正解」を教えているのに、それをやらないということは、「自分は幸せになりたくないんです!」「自分は不幸な人生が好きなんです!」と言っているのと同じですからね♪

「鏡(かがみ)」から「我」を取ると「かみ(神)」になる

この言葉を聞いたことがある方は、多いかもしれません。

この言葉の意味するところは、わたしたち人間は、人生を通して少しづつ「我」を取るための修行をしている。という事なのですね。

「我」とはつまり、「我が強い性格」ということであり、わがままな性格ということです。

つまり、我をなくして「素直に生きよ」という教えなのですね(*´ω`*)ノ

関連記事
人生のメンターの見つけ方


スポンサーリンク




スピリチュアル的に見る素直さの大切さ

素直に生きるということをスピリチュアル的に見ると、「宿命通りの人生に上手く乗っかること」と言えます。

わたしたちには誰しも「宿命」というものがあります。

宿命は、生まれてくる前から決まっている人生の「プラン」であり、大抵の場合、人は宿命通りの人生を歩めば一番ラクチンに生きていくことが出来ます。

ラクチンな人生とは、余分に悩んだり苦労をしたりしなくて済むという意味です。

では、人生でラクな道を歩みたい方が心がける思考とは何かと言うと、それが「素直さ」なのですね。

なぜかと言いますと、わたしたちは、生前に自分で決めてきた宿命通りに人生のコマを進めるために、人生の色んな所に、「あなたの人生が向かうべき道はコッチですよ〜(・∀・)ノ」という案内看板を、自分で立ててきているのですね。

その案内看板が、周りの人たちからの助言であったり、自分の心の声だったりするわけです。

たとえば、宿命的に「今世は自分は看護師になって世の中のために働く」と決めてきている人がいるとします。

しかし、そんな人が、何かの間違いで「自分はFXで稼いで生きていく!」という目標を持ってしまったとします。

となると、宿命から外れた人生に向かうわけですので、余分に苦労するわけです。

その余分な苦労というのは、どれだけ努力しまくっても一向に結果が出ないということであったり、自分の心の声に素直に従っていない事による「ツマラナイ!」という感情が出てくる事だったりします。

簡単に言うと、宿命通りの「正しい道」を歩んでいる時は「楽しさ」であったり「ワクワク感」という感情が溢れてくるのですね。

これも、自分の心の声に素直に従っている結果なのですね☆

関連記事
与えられた条件通りに生きれば、人生は楽になる

 

一見素直じゃない人も実は素直に生きている!?

稀にですが、世の中には、一見すると人の言うことなんて一切聞かずに生きても、人生が上手くいく人がいます。

いわゆる「素直じゃない奴」です。

ただ、こういった人は、かなり解りやすい大きな天命を授かっている人と言えるのですね。

いわゆる「我が道を行く!」的な人生を歩むことにより、結果的に、多くの人に影響力を与えて社会を変えていくような人が、こういうタイプです。

こういった人は、ひねくれ者ですし、偏屈ですし、変わり者ですし、素直じゃぁないように見えます。

では、こういった人は本当に素直じゃないのか?と言うとちょっと違うのですね・・・

こういった「強い天命」を持っている人は、「自分の魂に素直な人」なのです。

たとえば、時代の変革を起こすような偉人達は、大抵の場合、大きな天命を持ってます。

大きな天命を持っているということは、その人の宿命的なカリキュラムが、魂にめちゃくちゃ強く刻まれていると言えます。

そんな人は、人の意見なんて聞かずに、ただ「己の道を行く」という天命を与えられているのですね。

そして、こんな人は、周りから見ると全然素直じゃなく見えますが、実際は、自分の魂には素直に生きているというわけです。

ただ、こういった強い天命を持っている人なんてのは、割合的にはほとんどいないのですけどねw

というわけで、大抵の人の場合は、人の言うことはある程度聞いたほうが良いのです。

そして、もちろん自分の心の声に素直に従うことも大切です。

一般的に言われているようなスピリチュアルの知識としては、「心の声に従う」という素直な気持ちを持つことが大切だとされております。

まぁこれも間違いではないのですが、ただ、わたしたちのほとんどは、そんな大きな天命を背負っているわけでもありませんし、歴史的な偉業を成すような宿命も、普通の人は持っていないのですよね。

というわけで、大抵の人の場合は、人の意見も素直に聞いたほうが良いのです。

そしてその時に、人の意見を自分の心の中に「ストン」と落として、それを「自分の心の声」として素直に聞くことが出来たら、それは、宇宙からの間違いのないメッセージと言えるでしょう

関連記事
宇宙からのメッセージはこうしてやってくる! 人生の正しい答えを受け取る方法
守護霊からのメッセージを聞く方法

 

最後に・・・

今日は人生をより幸せに生きていく上でヒントとなる「素直さ」について書いてみました☆

自分は人生が上手く行っていないぁ・・・

と感じるのであれば、一度「自分は素直だろうか?」という事をちょっと考えてみたほうが良いかもしれません。

と言うのも、わたし自身が全然素直じゃない偏屈な性格をしているので、今日の記事は、自分で読んで反省するために書いたんですけどねww

(・∀・)ノ

わたし自身も、年をとるにつれて、なるべく「素直さ」を意識するようになってきました。

簡単に言うと、今は「なるべく人の意見も参考にする」ということも意識しているのですね。

そして、その時に、他人の意見が自分の心の中にストンと落ちで、「自分が求めていた答えはコレなんだ!」と、自分の心の声として再確認できた時・・・

これが、人生で進むべき間違いのない道なんだな♪

と、考えるようにしております(*´ω`*)♪

読んでいただき、ありがとうございました!


スポンサーリンク