対立を作り統制を強める社会☆コロナ禍で目覚める人、目覚めない人とは?

対立を作り統制を強める社会☆コロナ禍で目覚める人、目覚めない人とは?





※このブログは2021.8.31にYoutubeにて動画公開した内容をまとめたものです。

こんにちは、スピリチュアリストのNORIです(*´ω`*)

今日もご視聴いただき、ありがとうございます。

今日は、「対立から世界統治へ!目覚める人と目覚めない人の違いとは?」という、ちょっと衝撃的なお題で話そうと思います(*´∀`*)ノ

スポンサーリンク



目覚めている人はワクチンを打たない・・ではありません

「目覚めている人はコロナが細菌兵器だと気づいている!」とか〜

「目覚めている人はワクチンは危険だと気づいているからワクチンを打たない!」とか〜

世の中にはこんな考え方があるようです(笑

しかし、わたしから言わせると、この考え方こそ目覚めとは正反対だと思うのです。

そもそも「目覚め」という言い方自体、「目覚めている人が偉くて、目覚めていない人は劣っている」といったヒエラルキーが裏側に隠れているので、「目覚め」という言葉を使うこと自体が誤解を生みやすいのですが(笑

同様に、「次元上昇」とか、「悟り」とか、「精神性の向上」といったような表現も同じです。

もちろん、「意識が進化する」といったような状態が実際にあるのも事実。

しかし、スピ&陰謀論の情報としてよくありがちな、「目覚めた人がワクチンを打たない」というのは、極端に片側に偏った考え方なのです。

他にも似たような事例として言えるのは・・・

「目覚めてるから、化学調味料が入った食べ物を食べない!」とか〜

「目覚めてるから、西洋医療の薬を一切飲みません!」とか〜

「目覚めてるから、フッ化物の入った歯磨き粉使いません!」とか〜

「目覚めてるから、牛乳を飲みません(笑」とか〜

これらもネット上によくありがちな陰謀情報ですが・・・しかし、そういうことではないのです!

ワクチンは今の段階では治験が終わっていないために自己責任の上で選択を選べる様になっていますが、もしかしたら近い将来、接種が強制になるかもしれません。

ただ、仮にワクチンが強制になったらなったで、わたしとしてはその事実を受け止めて、ワクチンが強制になった社会で楽しく暮らすことを考えるだけなので、実は、わたしは未来に対する心配は一切ありません(笑

というわけで、「ワクチンを打つか?打たないか?」と、「目覚めているかどうか?」は、全く関係がないということです。

そんなことよりも大切なのは、打つ打たないのそれぞれの派閥間で起きる「分断」「対立」こそが、人々を目覚めから遠ざけているのです

コロナ禍で意図的に作られる対立構造

では、なぜ今の世の中は、こんなに対立や分断が起きているのでしょうか?

その理由は、人々が対立するような状況が意図的に作られてるからです。

つまり、支配者階級の思惑通りに、いま順調に、皆んなが「ワクチンを打つか?打たないか?」で対立させられ、順調に分断が起きていると言うワケです。

では、こういった対立や分断を作ることによって、支配者側は何を狙っているのか?と言うと、簡単に言うと、彼らは早いとこ「統制を強めた社会」に持っていきたいのです。

では、支配者側は、何故こうも簡単に、社会の方向性を変える(大衆操作)が出来るのでしょうか?

その理由は、多くの人が簡単に情報に翻弄されて、自ら対立をするような誘導に、いとも簡単に乗っかってしまっているからです。

たとえば、こんなコメントも頂いておりますが・・・

ワクチンは危険なので、大切な人には打ってもらいたくないです。
しかし、打たないことを相手に強要するのは、NORIさん的には間違いだということですか?

この質問にお答えするとなると、選択の自由が与えられているもの(今だとワクチン)に関しては、相手に選ばせるのが大事だと思います。

何故なら、基本的には、人が人を変えることは出来ないからです。

だから、自分の考え方を一方的に相手に強要すると、苦しむのは自分なのです(笑

もちろん「情報のひとつ」として、自分が知っていることを大切な人に伝えるのは良いでしょう。

たとえば、「いま陰謀論の世界では、ワクチンは危険だって話があるみたいだよ!」ということを、単に、情報の1つとして伝えるのは良いでしょう。

しかし、こういった情報を妄信的に信じてヒステリックになるのは自分が損をするだけですし、もっと言うと、こういった陰謀論に偏った情報を妄信的に偏ることこそ、それはイコール「分離」の思考であり、それこそ新時代にマッチしないのです

スポンサーリンク



尊重と許しが足りないから目覚めが遠ざかる!?

以前の動画でも「愛」についてお話ししましたが、愛とはつまり、相手の存在を100%認めてあげることです。

つまり、あなたが「カレーうどん」が好きだったとしても、パートナーが「カレーライスが好きだ☆」と言ったら、無条件でそれを認めてあげるのが愛なのです(笑

もちろん、「カレーうどんも美味しいよ!」という情報を伝えるのは構いません。

これと同じで、パートナーが「ワクチンを打ちたい!」と言っても、「ワクチンを打たない選択も選べるんだよ!」と、ただ普通に伝えることは出来ます。

しかし、「ワクチンを打たないで!」と強要したら、それこそ愛がない考え方になってしまいます。

スピリチュアルでよく言う「次元上昇」とは、「愛の段階」のことだと私は考えています。

簡単に言うと、「相手を何処まで認めて許すことが出来るか?」が、愛の段階です。

そして、ここで言う「何処まで?」の段階が、5次元、6次元、7次元・・・の次元上昇なのです。

ということは、相手に何かを強要したり、相手と対立を強めれば強めるほど、それは「相手を認めない」「相手を許さない」ということに繋がっていき、結果的には次元上昇から遠ざかっていく・・・という理屈がご理解いただけると思います。

つまり、陰謀論的な極端に偏った情報を真に受けて、ヒステリックになればなるほど、どんどん目覚めから遠ざかるということになるわけです

今起きていることというのは、ワクチンのネタを上手く使って人々を対立・分断させることによって、大衆の口から「感染を抑えるために、もっと都市封鎖べきだ!」「緊急事態宣言をして統制を強めるべきだ!」と言った感じに、大衆自らが統制を強める社会を求めるようにしたいワケです。

この調子だと、未来の社会は、多くの人が望む通りの「新世界秩序」へ進んでいくでしょうし、こういう流れを支配者階級は狙っているワケです

ただ、世の中には、支配者階級の方々の望むシステムに、かっちりハマっちゃう人と、ハマらない人がいます。

簡単に言うと、統制が強まった社会になったらなったで、その中で縄文的に生きることができる人もいるのです。

この違いも、言ってみれば2極化なのでしょう。

そして、世の中には「どうにもならないこと」もあります。

たとえば「地震」などの大災害は、わたしたちの意思には関係なく、起きるときは起きるワケです。

これと同じで、世界が向かおうとしている方向性も、わたしたちが騒いだところで簡単に変えられるものではありません。

というわけで、「スピリチュアル的に目覚めたから、統制の世界から逃れられる」という事ではないのです。

統制の世界が来たら来たで、その中で幸せに暮らせる人が、言ってみれば「目覚めた人」なのではないでしょうか?

関連記事
愛とは何か?あらためてお話します☆
縄文的生き方のヒント☆統制の社会の中でも縄文的には生きられる!?

本当に目覚めている人とは?

わたしのまわりは、いろんな事業をされている社長さんがいます。

本当に商売が上手く行っている会社は、やっぱり、世の中の需要を上手く捉えています。

たとえば、コロナが流行り始めた時も、いち早くテイクアウトのメニューを始めた飲食店さんも居たワケです。

別の建築屋さんの社長さんは、「感染しにくいように」と、玄関に手洗い場を設置した間取りを提案していました。

反面、Youtube上には、ただ陰謀論を語ることによって再生数稼ぎをしている人もいます。

そんな情報に初めて触れる人は、今までそういった情報に対する耐性がなかったので、急に「世界の真相を知ってしまった!」と大騒ぎしているのが今起きていることなのです(笑

反対に、今のこのコロナ禍で、世の中のために出来ることをちゃんと考えて商売をされている人もいるわけです。

では、この両者は、どちらが建設的でしょうか?

わたしは昔からキンコンの西野さんが好きなのですが、西野さんは、今のこの時代の今この瞬間に自分に出来ることをちゃんと考えて行動されているように見えます。

つまり、コロナが流行ったら流行ったで、じゃぁその中でどういった社会貢献が出来て、それを自身のビジネスに繋げることができるか?を、ただ実践しているように見えるのです。

わたしとしては、西野さんのように、「今わたしたちが生きている時代において、ちゃんと地に足が付いている方」を見ると、実は彼らのほうが本当にスピリチュアル的に目覚めているのでは?なんて思ってしまうわけです(笑

今日もご視聴頂き、ありがとうございました!

スピリチュアリストのNORIでした(*´∀`*)ノ

関連記事
ひっくり返る世界★宗教というシステムは終焉するのか!?
世界は「嘘」で出来ている
資本主義という茶番劇に気づいて、我慢・努力・成長願望を手放し、あるがままに生きよう
2千年続いた「男性性」の時代の終焉から「女性性」の時代へ
世界が大きく変わろうとしている☆一神教による大衆支配の終焉
この世のルールから、あの世のルールへ☆明治維新から始まったディープステートの支配と戦後の日本

スポンサーリンク



Youtube動画はこちら