自分軸で自由に生きる☆ワンネスを意識し魂に正直になる生き方のススメ

自分軸で自由に生きる☆ワンネスを意識し魂に正直になる生き方のススメ
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する




※このブログは2020.5.20にYoutubeにて動画公開した内容を、文字起こししたものです。

こんにちは、スピリチュアリストのNORIです(*´ω`*)

今日もご視聴いただき、ありがとうございます。

今日は、私が普段から話している「自分軸で生きる」という事や「ワンネス」について、もう少し詳しく話していこうと思います。

今日のお話は、始めて私のチャンネルを観てくださる方なんかは、もしかしたら、「何喋ってるのか全然意味が解りません!」って方も出てくる知れませんし、まぁそれでもいいかな?って前提でお話しますね(*´∀`*)ノ

こういうお話というのは、そもそも、すべての方が共感出来ることではなくて、この話に共感できる方は「少数派」なんだ・・・ということを意識して聞いてみてくださいね☆


スポンサーリンク



自分の幸せを第一に考える生き方とは?

先日、動画のコメント欄に、「自分は、これからは自分の事だけを考えて、自分の幸せを優先に生きます!」というコメントを頂いたんですね。

そして、「自由に好きに生きることで、それによって周りの人を幸せにします!」とのことだったんですよ。

このコメントに対してわたしは「それで全然いいですし、むしろそうしてください☆」と返信をしました。

「自由」という言葉には、結構皆んな憧れると思いますし、自由になりたい方は結構多いと思うんですよ。

でも、自由というのは、言いかえると「全て自分の責任で生きる」ということなんです。

私なんかは、おそらく、多くの方が見たらびっくりするくらいの自由に生きてるんですね☆

でも、その分、すべて自分の責任で生きてるんです。

自分の好きなことだけをして、好き放題に自由に生きる!って言うと、人によっては「そんな怠けた考え方ではダメだ!」言う人もいるかもしれませんし、「自分を高めるために努力すべきだ!」って事を言う人も居るんじゃないかな?って思うんですね。

でも、わたしたち人間は、もう「何々をすべきだ」とか、「何々をしなければならない」とか、こういう思考パターンで生きる次元から、どんどん離れていっているんです。

わたしが最近特に強く感じることとしては、とにかく時間の流れが早くなったなぁと思うのと、あとは、自分の思考パターンもそうですし、周りの環境とかも、目まぐるしい速さで新しい時代へと変わって行ってるなぁって感じるんですね。

で、起きる出来事というのが、数ヶ月前に起きた出来事と本当に上手いこと全部リンクしてるなぁと思いますし、「結局、全部が必然的に起きてるんだなぁ」って思えてしょうがないんですよ。

要は、シンクロニシティを、至る所で感じるようになったんですね(*´∀`*)

関連記事
お金よりも大切な“自分自身の資産化”

 

わたしが定義するアセンションの意味

一昔流行った「アセンション」という言葉があります。

アセンションで良く言われてたのは、「フォトンベルトがどうのこうので、地球がまるっと5次元に上昇するよ〜☆」なんて事が言われてたんですね。

又、人によっては、「宇宙人がやってきて地球人を上の次元に引っ張り上げる!」なんて事も言われてたんです。

でも、わたしの定義するアセンションは、そんなんじゃなくて、「各々の人間の意識が変わることを、わたしは勝手にアセンションって認識してるんだよ」って話を、アセンションの動画でも話してるんですね。

関連記事
アセンションとは? アセンションに向かうと起きる変化

つまり、昔良く言われてた、「宇宙からUFOがやってきて選ばれた人だけ上の次元に引っ張り上げられる!」とか、そんなアホな事は絶対に起きないけど、人間の意識の上昇は継続的に常に起きるんですよ!って話をしてたんですね(笑

じゃぁ、意識が上昇する人は、意識が上昇する人と上昇しない人の二極に別れるのか?というと、これまたそういう事じゃなくて、段階的に、それぞれの精神性のレベルによって各々の並行宇宙に移動していく・・・とうのをイメージしてるんです。

中には、物凄い勢いで意識が上昇するしちゃう人もいますし、反対に、まったく今までと変わらずに、相も変わらず恐怖心とか妬みとか嫉妬とか、こういったネガティブな感情に囚われて生き続ける人もいますし、中には、そういったネガティブから少しづつ開放されて、少しづつ意識が変わっていく人もいますし、人それぞれなんですね。


スポンサーリンク



意識の5次元化と平行宇宙

ここで、五次元世界というのは、どういう世界か?と言うのをお話しますと・・・

まず、この人間界は3次元なんですよ。

まぁ、時間も足せば4次元だから、4次元って言ってもいいんですけども(笑

縦・横・奥行きの、X軸・Y軸・Z軸の3つがあれば、3次元空間の立方体が作れるんですね。

それプラス、その立方体が一定方向の時間軸に沿って無数に出来ていくのが4次元なんです。

さらに上の5次元というのは、一定方向上に無数にある立方体が、更に横にずれて無数に存在する・・・というイメージなんですね。

だから、5次元というのは、言ってみれば「並行宇宙」なんです(*´∀`*)ノ

そして、今の地球人の中にも、意識のレベルでは既に5次元的になっている人もいますし、5次元に片足だけ突っ込んでる人もいるんですね

と言っても、まぁほとんどの人は、3次元の意識のままで生きてるのが現状なんですが(笑

だから、私達の周りに見える物質世界というのは、まだ3次元のままなんですけども、ただ、一部の意識進んだ人が、結構5次元的な思考に移行してきているから、今の物質世界も、すごい勢いで変わりつつあるところなんですね。

で、最初に話した「私は、自分の好きなように自由に生きます!」って生き方は、意識レベルが3次元に留まっている人がこういう事を言うのは、ちょっとマズイんですよ。

何故かと言うと、意識レベルが完全に3次元に留まっている人というのは、まだ、自分と他人を完全に分離させて考えてるからです。

こんな人が「自分の好きなように自由に生きます!」とか言い出すと、自分だけが得をして他人を損させる・・・という事をやり始めるんですね。

たとえば、人から奪う行為というは、自分だけが利益を得て、そのかわりに周りの人に損害を与えるという考え方です。

関連記事
奪う人から与える人へ! 幸せに成功できるギバーのススメ

こういう事がヘーキで出来る人と言うのは、「自分は自分」「人は人」という感じに、意識が完全に分離しているから、こういう事が出来るんですね。

人をいじめる人とかも、そうなんです。

相手は自分とは違うから、だから相手をイジメても自分は心が傷まないですし、それでいいと思っちゃうんですね。

戦争が起こす人達も同じなんですよ。

意識を分離させて考えてるから、争いが起きるんです。

関連記事
5次元世界とはどんな世界? 次元上昇と波動の振動数のお話

 

分離の意識が、争いや競争を生む

たとえば、ビジネスの話をしますと、競争思考というのも、結局は意識を分離してるんですよね。

「自分が勝つ!」というのは、すなわち「相手を負かす!」という事なんです。

って事は、分離してるんですね(笑

だから、よく言われる事として、21世紀のビジネスのスタイルは、「競争」ではなくて「協力」とか「共生」だよ!という事が言われてるんですね。

日本には、「三方良し」って言葉が昔からあるんですけども、商売をするなら、まずはお客さんの幸せを考えるのは当然として、それだけでなくて、地域全体の幸せも考えるんですね。

さらに、商品やサービスを提供する自分自身もちゃんと儲かって、ちゃんと利益を出して幸せになれる様に考えるのが「三方良し」の考え方なんです。

日本は昔から、商売をする人と、それにかかわるすべての人、「皆で幸せになりましょうよ!」って考え方があったんですね。

「皆が幸せになるように!」という考え方は、意識を分離させて考えてないから、こういう考え方ができるんです。

だから、最初から意識を分離させていない様な、ちょっと精神性が進んだ方が商売を始めると、そんな人は自動的に、自分も儲けて、お客さんも幸せにして、更には地域社会も活性化して〜と、すべての人が幸せになるようなビジネスを設計するもんなんですね。

でも、こういった日本人が昔から持つ素晴らしい考え方と相反する考え方が、「西洋式の競争思考から生まれるビジネススタイル」なんです。

西洋式のビジネスというは、「自分が勝つことによって、相手を屈服させる」という、こういう理念が根底にあるんですね。

だから、巨大なピラミッド構造が出来るわけです。

関連記事
時代はピラミッド構造から村社会構造へ移行している! 支配構造の終焉から共生の時代へ

組織にしても、「分離」をさせて「上下に分けること」を考えるから、中央集権型の階層式の組織構造になるんですね。

でも、別の動画でも話している通り、これからは「村社会」なんですよね。

もう、ピラミッド構造のシステムじゃ、上手く行かないようになってきたんです。

こういった時代の流れも、一部の意識が進んだ方々が、どんどんと精神レベルが5次元的になってきているからなんです。


スポンサーリンク



5次元的な思考で「自分軸」で生きる

意識レベルが5次元的になった人が「わたしは、自分の好きなように、自分の幸せを第一に考えて生きます☆」と、こういったスピリチュアルでよくありがちな生き方を宣言するのは、それは全然いいことなんです。

それは何故かと言うと、意識が進んでいる人は、すでに5次元的に生きているので、だから、そんな人は、もう自分と他人を分離して考えてないんですね。

だから、そんな人が「わたしは、自由に幸せに生きるんだ」と言うのは、それはイコール、「わたしが幸せになることで、周りの人も幸せにします」と言ってるのと同じことなんです

だから、こういう話というのは、あんまり程度の低い人が聞くと、勘違いをしちゃうからちょっと危険なんですよね(笑

スピリチュアルで良く言われるような、「あなたは自分に正直で自由に生きていいんだよ」というこういう教えは、あんまり程度の低い人が聞くと、「そうか!自由に好きに生きていいんだ!」って、仕事もしないでパチンコばっかりやったりとか、「自由に生きていいんだ!」って人のモノを平気で奪ったりとか、傷つけたりするような、そんな奴も出てくるんですね。

だから、特に私が話しているようなこういう内容の話は、もう全体の15%のくらいの人しか共感できないんです。

こういう話というのは、マス層である70%の人が聞いても、何言ってるのか意味がわからないと思いますし、わたしは、それで良いと思ってるんですね。

さらに、本当にワンネスを意識できる人というのは、もう全体の1%もいないんじゃないか?ってわたしは思うんです。

私自身も、頭ではワンネスというのは理解できてますけども、でもやっぱり、周りに変な奴とかがいたら、「こいつ変なやつだなぁ」とか、「あほだなぁ」とか、まだ思っちゃうんですね(笑

でも、「自分の身に起きることは、全部自分の責任だ!」という、こういった思考は、もう自分のものにすることが出来たと思うんですよ。

結局、自分の身に起きる事というのは、自分の中で自己完結をしているんです。

別の動画の、「宇宙には幸せも不幸も存在しない」という動画でも話してますし、「宇宙には善悪も存在しない」という動画でも話してるんですけども、結局は、自分の身に起きるあらゆる物理現象というのは、あなたが、あなたの経験則によって獲得した色眼鏡を通して、「これは自分にとって良い出来事だ」とか、「これは自分にとって良くない出来事だ」とか言って、出来事を評価評論しているに過ぎないんですね。

関連記事
あなたの身に起きる出来事は、あなたの心の投影でしかない

人生に起きるあらゆる出来事というのは、別に意味は無いんです。

全部、自分の経験則とか、あるいは持って生まれた「因果」の影響を受けて、各々で、出来事に意味付けをしているだけなんです

出来事に意味付けをするということは、言いかえると「出来事を評価経論している」ということであって、要は、出来事を「ジャッジ」してるんですね。

でも、あなたが下したジャッジというのは、あなたの色メガネを通して、物事を評価評論してるだけなんです。

人は、自分の価値判断で物事を勝手にジャッジして、それによって、勝手に落ち込んだりとか喜んだりしているに過ぎないんです。

だから、よく、不倫の問題とか夫婦間の問題とか、あとは仕事の問題とか、人生には一見すると色んな問題ごととかが起きているように見えますし、それに対して、「私はどうすればよいでしょうか?」と相談をしてくる方もいるんですけども、正直、わたしからすると、ほとんど9割以上の方の悩み事を聞いても、それは、あなたが自分の色眼鏡を通して「これは自分の望まない出来事だ」と評価評論しているだけで、わたしからすると、別に何も問題じゃないんですよね。

特に、不倫の悩みとか夫婦間の悩みとか、わたしからすれば、「嫌なら離婚すれば?以上、おわり」と、これだけなんですよね(笑

でも、こうやって言っても、7割くらいの人は納得出来ないんです。

ここで、「そうですね、わかりました!」「結局は自分の中で自己完結している問題ですね!」ということに気づける人は、意思が5次元的に進んでいる上位数%の人だと言えるんです。

 

自分が全知全能だということを思い出す

わたしたちの魂というのは、もともとはワンネスなんですね。

神と同じなんですよ。

だから、本当は全知全能ですし、恐れなんて幻想でしか無いんです。

物事というのは、一見すると自分の外で起きているように見えますし、自分の外に原因があるようにも思えるんですね。

人間関係の悩みにしても、仕事悩みにしても、全部そうなんですけども、問題は外にあるように見えるんですよ。

でも本当は、すべての問題の原因は、自分の中にあるんです

自分の中で自己完結できますし、自己解決できることばかりなんですね。

それを、自分の敵を自分の外側に探そうとするから、どんどんと苦しくなるんです。

なぜ苦しくなるか?というと、分離された意識を、もっと分離しようとするからなんですね。

外に問題点を探して、自分の敵を外に探すという行為は、分離をどんどんと押し進めて、自分と相手は完全に違うんだ!と言う線引きを、どんどん進めることになるんです。

これは、仏教で言う「悟り」から、最も離れる考え方なんですね。

何故かと言うと、「悟り」とは「差を取る」という事だからです。

差を取るということは、「あなたもわたしも同じですよ!」って事なんです。

もっと言うと、まわりにある花とか木とかの自然とかも含めて、あらゆる物質でさえも、本当は一つの魂というエネルギーなんですね。

ワンネスというのは、別に、人間の魂が一つってことだけではないんです。

全宇宙の、すべてのものが、本当は一つなんです(*´∀`*)ノ

だから、世の中には、動物だけじゃなくて、「私、植物と会話ができます〜!」なんて、そんなスピリチュアルど変態もいるわなんですよ(笑

すべてのものが、エネルギーであり、一つの宇宙なんです。

わたしたちは本当はひとつなんだ!というワンネスであるということを思い出して、ワンネスに近づいていきましょうね!って言うのが、悟りなんですよ。

こういう事が解ってくると、「あ、自分の幸せは、人の幸せなんだ」とか、「自分を幸せにすることは、人を幸せにすることと同じなんだ」って事がわかってくるんです。

だから、究極的に言うと「利己的に生きる」とは、すなわち「利他的に生きること」になるんです

ただ、あんまり程度の低い人が利己的に生きると、本当に利己的になっちゃうんですよ(笑

だから、こういう話をするときは、気をつけなくちゃいけないんですけども・・・

スピリチュアルでは、「魂はワンネスである」という前提があるから、だから、スピリチュアルで良く言われるような「あなたは、あなたのままで自由でいいんだよ」とか、「我慢とか、努力とか、こういうのはもういらないんだよ」とか、「自分を許して好きに生きていいんだよ」という言葉の意味が成り立ってくる・・・ということなんですね☆

 

というわけで、今日のお話は、解る方と、よく解らない方がいたんじゃないか?と思いますけども・・・

今日もご視聴頂き、ありがとうございました!

また、よかったら色々とコメントとか評価ボタンをポチっとか、お待ちしております☆

あとは、チャンネル登録の方も、ぜひよろしくお願いいたします。

スピリチュアリストのNORIでした。

Youtube動画はこちら


スポンサーリンク