答えは全て自分の内側にあった! 外に救いを求めても問題は解決しない⁉

答えは全て自分の内側にあった! 外に救いを求めても問題は解決しない⁉




※このブログは2020.10.26にYoutubeにて動画公開した内容を、文字起こししたものです。

こんにちは、スピリチュアリストのNORIです(*´ω`*)

今日もご視聴いただき、ありがとうございます。

今日は、普段から私がお伝えしていることの繰り返しになってしまいますが、「あらゆる問題は、実は自分の中で自己解決できるのですよ☆」というお話していきますね☆

スポンサーリンク



問題が外にあると思ってしまうのは依存心⁉

人生には色んな問題が起きてきますが、わたしたちは、ついつい、問題の解決策が「自分の外側」にあると思ってしまいます。

たとえば、嫌いな人が目の前に出てきたとしたら、普通は「相手に原因がある!」と思ってしまいます。

でも、わたしなら、そこで「嫌いなら何故その人と一緒にいるのですか?」と問い返します。

簡単な話、たとえば、夫婦で居るのが嫌になったら、離婚をすればいいだけです(笑

会社に嫌な奴が居たら、自分がその会社を辞めれば、問題は解決します。

これが人間関係に問題が起きた場合の、最もシンプルな解決方法です。

そして、もう少しレベルが上がると、「どうしても逃げられない人間関係」というパターンが出てきます。

たとえば、「そうは言っても別れることは出来ません!」というパターンです。

ただ、「そうは言っても別れることは出来ません!」というパターンをもう少し深掘りすると、その理由はいろいろあって、症状が軽いパターンですと、「離婚は世間体的にみっともないので別れられません!」という方も居ます。

他には、「離婚すると経済的に子供を育てられないから」という理由もあるでしょう。

そして面白いのは、「そうは言っても、わたしはあの人のことが好きなんです!」と言いながら、毎日パートナーに殴られながらも「この人はわたしがついていないと駄目なの〜!」とか言って、自分で悲劇の主人公を演じてる、そんな物好きな人も居ます(笑

しかし、こういった様々なパターンの全てにおいて共通しているのは、「自分でそうなることを選択している」という点です。

では、自分で人生の選択をしているにもかかわらず、なぜ、自分から苦しい道を選んでしまうのか?と言うと、その理由は、問題の解決策を「自分の外側」に求めているからです。

もう少し別の言い方をすると、「自分以外の何か」に依存をして、問題から逃げようとしているのだと言えます。

わたしは以前から「依存心」というものについて、色々考えていました。

精神的な話をする人の中には、「依存心は必要だ」って言う人も中には居ます。

たとえば、「生まれたての赤ちゃんは100%母親に依存しいる」「だから人は誰かに依存をして生きるものだ!」と話す方もいらっしゃいます。

この考え方は、わたしも確かに間違いじゃないとは思いますが、しかし、そうやって話されている方は、大抵は「今度は、わたしに依存してください☆」という伏線を引いていて、自身の有料のオンラインサロンや、有料セミナーへ誘導していたりします。

もちろん、有料のサロンやセミナーが悪いとか、そういう事ではありません。(わたしも、とある有料サロンに入っていますし 笑)

と言っても、本当は、そういった「外部的なもの」に頼らなくても問題は自己完結できますし、更に言うと、人は何かに依存をしなくても、すべての問題を自分で解決できるものなのです

関連記事
あなたの身に起きる出来事は、あなたの心の投影でしかない

 

最後は自分で決断するしかない

たとえば、カウンセラーさんに悩み相談をする方、占い師さんに相談して人生のヒントを貰う方は多いかと思います。

しかし、最後の最後に「人生の選択」を行うのは、カウンセラーさんでもなければ占い師さんでもありません。

人生の重要な選択というのは、結局は、自分自身でしか出来ないようになっているのです

もちろん、困った時に誰かに相談して、その人の知恵や力を借りるのは、物事を良い方向へ進めていくためには凄く有効です。

しかし、最後の最後で「選択の決断」をするのは、自分でしか出来ないのです。

そうでないと、各々の人生に宿命的に発生している「因果」を昇華したことになりません。

因果というのは、霊能者にお金を払って消してもらえるものでもなければ、御札や壺を買って解決できるものでもありません。

結局は、自分で解決するしか無いのです。

私は、毎日何人もの方から「人生が変わりました!」とか、「幸せを感じて生きられるようになりました!」と、本当に沢山のお礼のメッセージを頂いております。

しかし本当は、皆さんは「自分の力で幸せを獲得しているんだ」ということを忘れないでほしいのです

わたしは、あくまでも「幸せになるための考え方」とか「方法論」を示しているだけあり、人生を生きる上の「ヒント」を出しているにすぎません。

と言うか、私には「人生を生きる上のヒントを出すこと」しか出来ないのです。

何故かというと、わたしはあくまでも「わたし」であって、この動画を見てくださる「皆様」では無いからです。

だから、「幸せになる!」と決めてその道筋を歩きはじめた皆さんは、皆さんが自分で「幸せになる!」と決断をしているのであって、人の力を借りているわけではありません。

中には、わたしの動画を観られて、「お前はそうやって綺麗事を言うだけの嘘つきで、本当に辛い人生を送っていないんだろ?」と言う人も居ます。

では、そういう方は何故そのような物事の捉え方をしてしまうのか?というと、「問題の原因が自分の外側にあると思っているから」なのです。

要は、「自分以外の何か」に問題の責任を押し付けて、「他人責任論(他責)」で生きてるのです。

では、なぜ「他人責任論」の考え方になってしまうのか?というと、それは「依存心」があるからです。

関連記事
孤独と孤高の違い。人間は誰もが“一人”なのです

スポンサーリンク



枠の中に入っていても「自律」をしていればいい

依存心は、結構巧妙に隠されていて、わたしたちは知らず知らずのうちに、あらゆるモノに依存をしがちになっています。

わかりやすいのが宗教です。

これは、以前から話していることですので、あまり詳しくは話しませんが、まず、宗教というのは、ピラミッド構造のヒエラルキーを作ります。

そして、「無力なあなた方が、絶対的な存在(神)を崇拝すれば、神によって救われますよ〜」と、いった具合に、絶対的存在に「依存」をさせることによって、「依存をした人を支配する」という構造になっている場合が多いのです。

宗教に狂う人というのは「自分だけは幸せになりたい!」と強く願いますが、解決策が外あるものだと思ってしまっているので、だから、自分から喜んで何百万円ものお金を、お布施として渡しちゃうわけです。

他には、会社組織も、依存心が解りやすく出やすい場所です。

たとえば、会社の上司や同僚の悪口を言いながらも、その会社で働き続けている人というのも、つまりは「その会社に依存をしている」という事です。

わたしから言わせれば、「嫌なら辞めて独立起業すれば?」って感じです。

でも、それが出来ないのなら、悪口や文句を言わない事です。

もちろん、サラリーマンとして働くのが悪いのではありません。

そうではなく、組織の中に入っていてもいいので、自分でちゃんと「芯となる考え方」を持つことにより、「自分軸」で生きてさえいれば、組織に属していようが独立していようが関係ないのです。

仮に、ちゃんと自分軸で生きていて、その上で組織に属しているのなら、組織に対する文句や愚痴は出てこないハズです。

私が好きな方で、経済アナリストの藤原直哉さんという方がいらっしゃいます。

藤原さんのYoutubeはたまに観ていますが、チャンネルのキャッチコピーが凄く良くて「21世紀は皆んながリーダー」というのが、藤原さんのテーマになっている様なのですね☆

誰かに依存をするのではなくて、皆が自立(自律)をし、自分軸で生きていて、それでいてお互いに承認し合う社会・・・

つまりは、「皆違って皆んなイイ!」という考え方に繋がってくるのが、「皆がリーダー」というテーマなのだと、わたしは解釈しています

関連記事
多様性の時代へ!! 新時代は「皆と同じ」じゃ辛くなる!?

そして、こういう生き方を目指そうと思ったら、問題を外に探さないことです。

これもいつもお伝えしていることですが、基本的には、人は人を変えることはできません。

これも何故か?というと、問題は外側には無いからです。

言い方を変えれば、自分が変わると周りの人が変わってくるものですし、もっと言うと、自分の考え方が変わると、まわりの風景も変わってくるものです。

こうやって言うと凄く不思議に聞こえるかもしれませんが、どうやら、これがこの宇宙の仕組の様なのです☆

関連記事
自分が変われば相手も変わる!? 相手を変える意外な方法
人間関係は、相手を変えようとすると自分が苦しむようになっている

 

最後に・・・

わたしは数年前に、難病指定されているとある病気になりましたが、今は薬を一切辞めてしまいました。

しかし、「病気なんて、考え方を前向きで肯定的にするだけで治るんだ☆」という、格好いいサクセスストーリーを自ら実践していけば、今度は、それを皆んなに示すことができます(笑

だからわたしは、突然病気になったワケであり、外に原因なんて無いのです。

更にわたしは、子供の頃から身体が弱くて、いつも学校を休んでいました。

しかし今はこんなに身体が丈夫で健康になって、最近は、筋トレまで始めてしまうくらいに大変身することが出来ました。

この状況も見方を変えれば、わたしは、病弱から健康体になるまでの成功体験を作って、それを皆に示すために、わたしは生まれつき虚弱体質で病気がちな身体で人生をスタートさせたのだ・・・と、解釈できますし、自分では勝手にそう思っています(笑

これも「答えは外には無く、全て自分の中にある」という考え方です☆

こんな感じに、物事を何でも自分に都合良く捉え、ポジティブで肯定的な解釈をし、「答えを外に求めない考え方」が、結局は自分自身の幸せに繋がるのだと私は考えております♪

今日もご視聴いただきありがとうございました!

関連記事
自分軸で自由に生きる☆ワンネスを意識し魂に正直になる生き方のススメ
脳科学が解明! 人生で成功するために必要な“過去の小さな成功体験”


スポンサーリンク



Youtube動画はこちら