新時代に大切な「ワクワク感」の本当の意味

新時代に大切な「ワクワク感」の本当の意味




※このブログは2020.12.5にYoutubeにて動画公開した内容を、文字起こししたものです。

こんにちは☆スピリチュアリストのNORIです(*´∀`*)

今日もご視聴いただき、ありがとうございます☆

今日は、バシャールとかもよく言っている「ワクワク!」について、お話しますね(*´∀`*)ノ

スポンサーリンク



ワクワク=快楽ではない!?

「ワクワクする事をしよう!」とか、「ワクワクに従おう!」とは、よく言いますが・・・

では、スピリチュアルな方々がよく言う「ワクワク」とは、どういう意味なのでしょうか?

これは、わたし自身も、昔はちょっと勘違いしていたのですが、「ワクワクする事」というのは、決して「興奮状態」を経験することでもなければ、「快楽」を味わうことでもありません。

つまり、「ワクワク」とは、決して「享楽」のことを言っているのではないのです

もちろん、快楽(享楽)を味わうのが悪いのではありません。

快楽は快楽で味わえば良いのですが、ただ、以前から話している通り、わたしたちは、人生において「経験を重ねること」を目的としています。

どんどんと経験を積んで、その経験に対して様々な感想文を書いて、それを、あの世に持ち帰る・・・と言った様ことを繰り返しているわけです。

というわけで、「ワクワクする事をしよう〜!」と言う話を聞いて、じゃぁ自分はパチンコがワクワクするから、ずっとパチンコをやっていればいいんだ!と、何も考えずに椅子に座り続けて、ず〜〜っと玉を打ち続けるのは、それだと「享楽」なのです(笑

人間は、どれだけ享楽を続けていても、魂の経験値は増えません。(つまり成長しない)

仮にあなたがパチンコが大好きだったとしたら、たとえば、必ず勝てる様にパチンコの必勝法を勉強をするとか?

もしくは、自分がパチンコを「仕掛ける側」に周り、パチンコ台の開発メーカーに入って、もっと魅力的なパチンコ台の開発をするとか?

実は、ここまで真剣にやって、本当の「ワクワク」なのです。

この話は、ちょっと伝わりにくいかもしれませんが、ただ自分の欲望を満たすためにやるのは、それは「享楽」なのです。

自分の欲望を満たすためにキャバクラに行きまくるのも確かに楽しいかもしれませんが、それは「ワクワク」ではないのです。

「ワクワク」とは何か?と言うと、その事が好きで好きで、本人からしたら面白すぎて、寝食を忘れて没頭をしちゃう様な事なのです

簡単に言うと、「ワクワク」とは、一流を目指して真剣に取り組めるようなことであり、尚且、あなたにとって、それを実践することが楽しくてしょうがないという事なのです。

 

寝食を忘れて没頭すればいい

ドラゴンボールの孫悟空は、強い敵が出てくると、「おら、ワクワクしてきたぞ!」と、いつも言っていました(笑

そして、「自分よりも強い敵を倒す!」という目標が出て来た時に、そこに向かって色んな修行をするワケです。

つまり、悟空にとっては、自分を強くするために修行をしているこの期間が「ワクワクすることをしている」という事になります。

だから、「ワクワクすること」というのは、決して「享楽的なこと」ではないですし、特別な興奮状態に入る込むことでもありません。

アインシュタインしても、エジソンにしても、松下幸之助にしても・・・世界の偉人たちは、シンプルに「ワクワクに従っただけ」なのです。

アインシュタインは、宇宙の真相の究明をすることが大好きで、1日中、ずっと自分の研究のことばかりを考え続けて、それを実践していました。

これが、「ワクワクに従っている」という状態です。

だから、言い方を変えると、「ワクワク」とは、「人生を真剣に楽しみましょう!」ということです

ここに、仕事とか趣味の区別を考える必要はありません。

「これをやったら儲かるかな?」とか、「こんなことに夢中になっても稼げないかな?」なんて考える必要もありません。

自分が夢中になれることを見つけて、そこに、寝食を忘れるくらいに没頭すればよいのです。

要は、突き抜けちゃえばいいのです☆

突き抜けてしまえば、お金は後から勝手に付いてきます。

スポンサーリンク



それは他人軸の考えですよ

これからの時代は、占星術で言うところの「みずがめ座の時代の到来」と言われており、「地の時代」から「風の時代」に移行するとも言われています。

そして今は、スピ系の人だけでなく、経済アナリストの方や、社会学者の方も、新時代について同じことを言っていることに気づけると思います。

わたしとしては、シンプルに「世相」を観ており、自分の周りの状況の変化とかも観察して、もう、今が時代の転換期であるのは間違いないと考えています。

ただ、時代が変わるのは良いのですが、他人軸になってしまっている人も多い様なのです。

たとえば、「何月何日に世の中が変わるよ!」という情報が溢れている様ですが・・・残念ながら、そういう事は無いのです。

私自身も、「何月何日に〇〇が起きる!」と話されている方の動画をいくつか観てみたのですが、情報発信をされている側は、「何月何日にエネルギーの流れが変わるから、それに合わせて考え方をこういう風に変えたほうがいいよ!」とか、「何月何日までには、こういう考え方は手放すといいよ!」と、ちゃんと伝えている様です。

でも何故か、情報を受け取る側の方が、「何月何日になったら無条件で自分が幸せになれるんだー!」とか、「その日が来たら自分の生活が一気に幸せになるんだー!」と、こうやって解釈しちゃっている方が多いなぁっと思ったのです。

何度でも言いますが、それが「他人軸」なのです!

特定の日にちが来たら、すべての人が無条件で幸せになれるとか、全員が次元上昇できるとか、そんな事は無いのです

大切なのは「自分軸」であり、自分でちゃんと自分の軸(理念やポリシー・幸福論)を定めて、そこを追求しましょう!という話をしているわけです。

「ワクワクする事をしよう!」とは、自分が夢中になることを追求することであって、「突き抜けることをしよう!」ということでです。

そして、これからの時代は、そういう動きをする人にとっては追い風になる様にエネルギーの流れに変わる!ということです。

だから、ぼーーっとしてても、その日にちがこれば、自分の周りの状況が勝手に良くなるとか、そんな事は100%ありません。

これからの時代は、もう、国は当てになりません。(既存のピラミッド社会システムが壊れていくので)

今でも、中央がまったく機能していないのは、皆さんも解ると思います。

そのため、今後は地方分権も進んでいくでしょうし、働き方にしても、これまでの「週に5日、会社に努めて規則正しく通勤をする」といった様な、そういう常識も無くなっていくことでしょう。

だから、お金を稼ごうと思ったら、自分で何とかするしか無いのです。

でも言い換えると、既に「足かせ」が外れている状態だから、何をやるのも自由です。

これからの時代は、旧来の価値観に囚われずに、思いっきり自由に動いていいのです☆

関連記事
時代はピラミッド構造から村社会構造へ移行している! 支配構造の終焉から共生の時代へ
新しい時代の価値観はこう変わる!! 価値観の大変革に期待しよう☆
今後起きる価値観の変化とは? 多くの方はお金教から開放される

 

夢中になれることを見つけるヒント

この地球は「行動してナンボ」の星です。

だから、思い立ったら直ぐに行動!とりあえず、やってみればいいのです。

「あれ?違うな?」と思ったら、辞めればいいのです。

そして「はい次!」「次!」と言った感じに、どんどんと次のことにチャレンジしていくと「自分がワクワクすること」に、だんだんとピントが定まってきます。

そして、こんな動きをする人にとっては、これからの時代は追い風になるのです。

だから、逆に言うと「他人軸」で生きている人は、これからの時代は辛くなります。

もちろん、嫌なことを我慢せずにスパッと辞めるのも、大切なことです。

辞める(捨てる)という選択も、前に進むということですからね☆

関連記事
捨てるから手に入る!! 欲しい物を手に入れる意外な方法

だから、「会社を辞めました!」という方のコメントも最近よく頂きますが、わたしからすれば「おめでとうございます!」なのです☆

わたしも今は在宅で仕事をしています。

仕事内容は、商業デザイン全般で、主にWebデザイン、Webを使ったマーケティングの仕事をしています。

わたしは、こんな仕事を「楽しい」と感じます。

でもこれは、わたしだから楽しいと感じるだけで、そももそもパソコンが嫌いな方にとったら、わたしの仕事は地獄でしょう(笑

更には、一日何時間も椅子に座りっぱなしの仕事なんて耐えられない!という人も多いでしょう。

だから、何かの拍子に、パソコンが嫌いな人がプログラマーとかになろうとしたら、そこに「やりたくないことを我慢する」という状態ができてしまい、「努力をする」ということが必要になってしまいます。

でも、好きなことなら努力はいりません。

関連記事
努力・頑張る・義務・我慢を手放す時代の到来!!

わたしの友達も自営が多く、土建屋さんとか、車屋さんとか、農業をやってる人が多いのですが、皆んな、体を動かすことが好きな様で、わたしとは正反対です(笑

だから、「何に没頭できるか?」「何ワクワクできるか?」というのは、人によって皆んな違うのです。

とにかく、人と話すことが大好き!な人もいます。

なかには、自分を極限までに鍛え抜くのが好きな人も居て、そんな人は、レスキュー隊とか自衛隊に入ると、性に合うと思います(笑

そして、「自分は何にワクワク出来るか?」を知りたい場合、自分の子供の頃を思い出してみると、意外とヒントが浮かぶものです。

わたしなんかは、子供の頃は、ずっと絵を書いたりプラモデル作ったり、そんな事をひたすらやっていました。

だからわたしは、そもそもがインドア派であり、家でのめり込む様に作業をするのが向いてますし、それが私にとってのワクワクなのです(*´∀`*)

 

最後に・・・

「ワクワクすること」というのは、決して、コンサートで酒飲んで騒ぎまくることでもなければ、何も考えずにパチンコ台に座ってぼーっとパチンコ打ち続けることではないのです。

ましてや、興奮状態になって狂乱することとか、経験の積み重ねが何も発生しない「快楽状態」をただ繰り返すのも、ワクワクではありません。

寝食を忘れて没頭できること、何時間もソレをやりつづけても自分は飽きずに取り組めること、それに対する経験値をどんどんと積み重ねていけるようなこと・・・これが、本当の「ワクワク」の意味なのです

今日もご視聴いただき、ありがとうございました。

スピリチュアリストのNORIでした☆

関連記事
なぜ自分軸で生きた方がいいのか?
自分軸で自由に生きる☆ワンネスを意識し魂に正直になる生き方のススメ

スポンサーリンク



Yotube動画はこちら