これから何が起きるのか? 金融クラッシュ・情報開示・資本主義の未来予測

これから何が起きるのか? 金融クラッシュ・情報開示・資本主義の未来予測
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する




※このブログは2020.4.29にYoutubeにて動画公開した内容を、文字起こししたものです。

こんにちは、スピリチュアリストのNORIです(*´ω`*)

今日もご視聴いただき、ありがとうございます。

今日は、「今後世界はどうなるのか?」という未来予測的なお話をしてみますね☆

と言っても、今日のお話は、あくまでもわたし個人の予想に過ぎないので全然信じなくてもよいですよ〜☆笑

特に今の時代は、沢山の人が情報発信が出来るようになって「情報過多」の状態なんですよね。

というわけで皆さんも、情報を自分でちゃんと判断できるようにして、ちゃんと自分で頭の中を整理するような感じで、わたしの話も参考程度に軽く聞いてみてくださいね☆

今日のお話は、全然スピリチュアルな話ではないんですけども、まず前半で「資本主義とお金のお話」、あとは後半で、最近気になる「情報開示(ディスクロージャー)」について、話していきますね〜。


スポンサーリンク



資本主義・お金のシステムの未来

2020年は、本当に大変革が始まった年だと言えるんですけども、ワタシ的に一番大きな変革は、やっぱり今の「資本主義のあり方」が変わっていく事だと思うんです。

資本主義のあり方が変わっていくということは、「お金の仕組み」が変わっていくという事です。

では、何故お金の仕組みが変わっていくのか?というと、これは以前からも話している事になるんですけども、今の資本主義の仕組みがもう限界に来てるからなんですね

資本主義というのは、言い換えると「借金主義システム」なんです。

お金というのは、誰かが金融機関から借金をすることによって、ゼロから創造されるものなんですね。

この仕組みの事を「信用創造」と言うんですけども、この信用創造の仕組みによって、いま世界中には物凄い量のお金が存在してしまっているんです。

でも、そのお金は、本当は「実態のない幻」に過ぎないんですよ。

今、世界には、実際に紙幣として存在しているお金の、何十倍もの実態の無いお金が存在してるんですね。

では、「実態のないお金とは何か?」と言うと、要は、金融商品なんです。

たとえば、リーマンが破綻したときも、本当はあのタイミングで金融システムがクラッシュしてもおかしくなかったんです。

でも、リーマンの時は、FRBが大量にお金を入れて、リーマンは潰しましたが、金融システムは延命されたんですね。

ちょっと前によく話題に上がってたドイツ銀行なんかもそうですけども、ドイツ銀行が破綻したら、リーマンの時の100倍の規模なると言われてるんですけども、そんな規模の破綻が起きたら、もう誰も救えないんです。

でも、金融システムの崩壊は、遅かれ早かれ起きるんですよ。

なぜなら、先程もお話しました通り、資本主義の仕組みというのは、最初っから無理があるからです。

資本主義とは、誰かが金融機関から借金をして、そこに「利子」というものが挟まることによって、借金と利子を永遠に返済し続けて行くことによって成長をしていく事が前提のシステムなんですね

こんな無理のある仕組みだから、今までも定期的に小さなクラッシュは起きてましたし、その度に延命処置をして、金融システム全体がダウンしないようにしてきたんですね。

でも、もう金融システムの延命が出来ないところまで、膨らみすぎちゃったんです。

というわけで、去年か一昨年か忘れたんですけども、イングランド銀行から「そろそろ合成覇権通貨にしよまい!」って話が出てきたんですね・・・。

 

合成覇権通貨とは?

合成覇権通貨とは、一昔前に都市伝説界隈でよく言われてた「世界同一通貨」の事です。

世界の通貨システムは、合成覇権通貨に切り替わる可能性が非常に高いのですが、では「それが何時なのか?」と言いますと・・・

実は、日本では2024年に新しい紙幣に切り替わる事になっているんです。

新しい1万円札は「渋沢栄一」になるという話なんですけども・・・

ただ、おそらくは、その前に合成覇権通貨に切り替わって、新札の発行は無くなるんじゃないか?と、言われてるんですね。

新しいお金は、完全に電子化される事が予想されます。

もちろん、ビットコインに使われていた、ブロックチェーンの技術も採用されるんじゃないか?と思うんですね。

ただ、新しい世界同一通貨に切り替わる時に、スムーズに切り替わるのか?

それとも、金融システム全体が「ドカーン!」と大クラッシュして、紙幣、株式、不動産、債権・・・全て価値がゼロになるという事が起きるのか?というのは、正直わからないんです(*´∀`*)

これは、わたしの希望的観測も含む予想なんですけども・・・

わたしの予想としては、おそらく、「お金」や「不動産」や「金」などの「資産の価値」が全部無くなる・・・という事は起きずに、割とスムーズに新しい金融システムに切り替わるんじゃないかな?って考えてるんですね。

たとえば、今の1万円が、そのまま「1万合成覇権通貨」に置き換わる・・・という感じになるんじゃないかな?って考えています。

ただ、これが、たとえば「今の1万円が、100合成覇権通貨に置き換わります!」って事になったら、皆んなの資産が一気に減る!って事にもなっちゃいますし、その可能性もゼロではないんですね。

要は、今の金融システムが、新しいシステムに切り替わるのは、ここは、ほぼ間違いないかな?ってのが、わたしの予想で、これはあと数年で行っちゃうと思うんですよ。

でもその時に、以前よく都市伝説で言われてた「イベント」と呼ばれるような、大きな金融クラッシュにはならない!というのがわたしの考えなんです。

だから、未来の世界が、北斗の拳とか、映画のMADMAXみたいな世界になる様な事は起きないので皆さん安心してください(笑

スポンサーリンク



「あなたの資産を守ります!」という詐欺師に気をつけよう

今は、資産を守るために、「円をドルに変えよう!」とか、「金に交換しておこう!」なんて話も多いんですね。

ただ、気をつけなっくちゃいけないのが、今は、そういう詐欺が凄く増えてきているんです。

たとえば、ユーチューバーの中にも、「もうすぐ経済が大クラッシュして、お金も不動産も全部価値が無くなりますよ〜!」と、皆んなの恐怖を煽るような情報発信をしている人もいるんですね。

でも、そんな人の動画を観てみると、最後の方で「では、あなたの資産を守る方法を教えます!そのためには、わたしのオンラインサロンに入会してください!」とか、「セミナーに来てください!」とか言うんですよね。

で、うっかりセミナーとかに行っちゃうと、そいつが勧める金融商品とかを買わされて、「この金融商品なら、世界恐慌が起きても価値が無くなりませんよ〜♪」「これであなたの資産を守れますよ〜☆」という「詐欺」に引っかかっちゃう事にもなりかねないんですね(笑

わたしの見解としては、もしも仮に大規模な金融クラッシュが起きて、お金の価値が無くなったとしたら、資産を守る方法なんて無いと思うんですよ。

でも、お金というものが一旦機能をしなくなっても、会社の設備はそのままありますし、人材も、そのまま残るわけなんです。

お金のシステムが機能をしなくなっても、職人さんは以前と同じ様にちゃんと職人技を使って仕事ができるわけですし、料理人は料理を作ることが出来るんですね。

だから、今、大切なのは「自分という資産」を育てることなんです

「自分に投資をする!」と言う、これ以上の資産形成は無いんですね☆

関連記事
お金よりも大切な“自分自身の資産化”

つまり、「あなたは、どういう人なのか?」という部分を、大事にすることなんです(`・ω・´)ゞ

これからは、「あなたはどういう人なのか?」という部分が、正当に評価される時代が来ますし、その人自身の「価値」が、そのまま世の中に貢献できる「正当な対価」として反映される時代になるんです☆

そしてこれは、ある意味「理想の社会」ですし「フェアーな世の中」なんですね。

今までの、1%の資本家と99%の労働者がいる・・というピラミッド構造は、もう限界にきているんです。

これは、前の動画でも話したんですけども、これからは「ピラミッド構造」じゃなくて「村社会」なんですね。

魂的にちょっと進んだ人が旗振り役になって、そんな人が小さなコミュニティーを作って、皆んなで助け合い、感謝をしあって生きていく時代になるんです☆

関連記事
時代はピラミッド構造から村社会構造へ移行している! 支配構造の終焉から共生の時代へ

 

「経済的自由人」という言葉に、なぜ違和感を感じるのか?

よく、スピリチュアルな話をしながら「あなたも経済的自由人になりませんか?」って話てる人、いるじゃないですか?

たとえば、有名な本で「◯持ちとか父さん、◯持ち父さん」って本、皆さんも知ってますよね?(笑

あの本は、どういう事が書いてあるのかと言うと、「ピラミッドの一番上の、資本家の階層に行きましょう!」って事が書かれているんです。

要は、経済を回すために最も重要であるはずの「価値を生み出す労働」は、その他大勢の労働者にやらせておいて、自分はピラミッドの頂点に登って、資本家として莫大な富を得ましょうね!って教えなんですよ。

今は、どうだか知らないですけども、以前はスピリチュアルな話をする方の中にも、こういう生き方を推奨している人がいて、わたしは以前から、それにすごい違和感を持ってたんですね。

でも今は、その理由がはっきりと分かったんです。

要は、ワンネスに戻ること、人と差をつけずに「全ては自分と同じだ」という考え方を持って、「悟りに近づくこと」を目指すのがスピリチュアルなのに、何故それと正反対のピラミッド構造を大きくす様な事を、スピリチュアルな話を絡めながら皆で推し進めてるのか?って、ずっと不思議に思ってたんです。

確かに今までは、資本主義バリバリの世の中だったので、人類の進化のためににも、巨大な資本力を持つ資本家が旗振り役として、どんどんモノを作って、大量消費をして・・という時代も、通過点としては必要だったんです。

実際に、私達はそういった時代を通過してきたから、今のように物質的に凄く豊かになることができたんですね☆

資本家が、大資本を動かす時代だったから、テクノロジーも急激に発展させることができたんです。

でも、もうそんな時代は2020年を境にして終わっていくんです。

これからは、いよいよ「精神の時代」なんです。

そして、「心の時代」なんですよ(*´ω`*)


スポンサーリンク



これからは心の時代☆

もう、大量生産大量消費の時代じゃないんですね。

おそらくは、今世界の中心にいる方々が、意図的にそっちの方向へ時代を舵きりするために、コロナに乗じて、いろんなドタバタ劇を起こしてるんです。

この転換期が終わったら、いよいよ嘘がないフェアーな時代になるんですけども、ただ、そこで大事なのは、「あなたはどんな人ですか?」という部分なんですね。

これは、斎藤一人さんが昔から言ってたことになるんですけども、これからは「魅力の時代」なんです。

だから、皆んなが「魅力的な人」になればいいんですね☆

では、「魅力的な人とはどんな人なのか?」というのは、このチャンネルを観てくださる方なら、もう解ると思うんですね。

もう、人の悪口とか、愚痴とか文句とか言ってる場合じゃないんです。

もっと周りに優しくなって、「与える」という事を、もっと愛を持って皆んなでやっていく時代になるですね(*´∀`*)ノ

関連記事
徳を積むと幸せになる。人のために力を使うほど人生は自由になるのです
不平不満・愚痴・泣き言・悪口・文句は、一切言わない方が良い理由
不幸の連鎖を断ち切る。愚痴や不満を言うことは他人に迷惑をかけている

 

情報開示とフリーエネルギー

皆さんも知ってると思うんですけども、ちょっと前に、アメリカの国防総省が「UFOの動画」を正式に公開したんですね☆

そして、このニュースでポイントとなるのが、「国防総省がUFOについて発表した」って事なんです。

こんな事は今まで無かったんですね。

これは、偶然今のタイミングで言い出したわけじゃなくて、ちゃんと意図があるんでねすね。

といっても、わたしもこの動画見たんですけども、これは宇宙人の乗り物とかのUFOじゃないな?って感じたんですね(笑

UFOと言うと、日本では「イコール宇宙人の乗り物」と解釈されていますけども、海外では、UFOというのは「未確認飛行物体」の事なんですね。

つまり、その飛行物体の国籍も所属も不明で、どこの誰が何の目的で飛ばしているのか?が解らなかったら、それをUFOと呼んでるんです。

わたしも、戦闘機のカメラから撮ったと言われるUFO動画を観たんですけども、飛んでいる時の動きが、「これ、人間の作った飛行物体の動きでしょ!」って、すぐ思ったんです(笑

こんなチャンネルを観てくださる方ならUFOを観たことある方も多いと思うんですけども、本当に人間の作ったものじゃないUFOというのは、ありえない動きをするんですよね。

ちょっと話がそれますが・・・

たとえば、人間の作ったいちばん頑丈な空飛ぶ乗り物は、おそらく軍事用の戦闘機だと思うんです。

戦闘機なんかだと、だいたい10Gとか15Gくらいまでは、構造的に耐えられるんですね。

10Gというのは、地球の重力が1Gなので、重力の10倍の力までは耐えられるってことなんです。

といっても、当然10Gもかかったら、中に乗ってる人は、もたないんですよ。

体重60kgの人なら600kgの体重になるってことなんで、たぶん失神しちゃうんですね(笑

人間の作る乗り物は、どうやっても、構造的には10Gとか20Gくらいまでしか耐えられないんですね。

ガンダム観たことある人なら解ると思うんですけども、ガンダムとかのモビルスーツの動きって、「宇宙空間であんな動きしたら、中の人間死んでるだろ!」って凄い動きしてるんですよ。

まぁ、あれはアニメの世界の話だから別にいいんですけども・・(笑

UCガンダムなんて、どう見ても100Gとか200Gくらいの負荷がかかってるように、宇宙空間をカクン!カクン!って、飛んでるんですね。

でも、今の人間の科学力では、100Gに耐えれる乗り物とか作れないですし、そもそも、それだけの力が加わっても耐えられる素材を、まだ人類は開発できていないんですよね。

話をUFOに戻しまして・・・

UFOと言われるものを観て、「あっ、これは人間の作った乗り物じゃないな!」と、なぜ直感的に解るのか?というと、どう見ても100Gとか200Gの力が加わるような飛び方をしているからなんですね。

あとは、突然消えたりとか、ぱっと現れたりするのが、宇宙人さんのUFOなんですよ(笑

でも、今回の国防総省が発表したUFOの動画は、別に今の技術でも全然作れるような飛び方なんですね。

海面スレスレを飛んでる飛行物体を上から撮影しているという動画もあるんですけども、速度とか飛び方を見ても、あれって、巡航ミサイルかドローンじゃないの?って感じなんですね。

ただ・・・

それは、別にいいんですよ(笑

重要なのはそこじゃなくて、国防総省が「実は、UFOの動画ありますよ☆」って事を、今のタイミングで言っちゃった(笑)ってことなんです

その飛行物体は、もしかしたら、従来のジェットエンジンとか、ロケットモーターで飛んでるんじゃなくて、超電導を使って浮遊するシステムとかで飛んでるかもしれないんです。

ただ流石に、SFでよくあるような、重力を完全に制御するような、そういう技術はまだ開発できていないんじゃないかな?とは思うんですけども、でも、表に出てくる技術というのは、裏で開発されていた技術の、だいたい20年遅れのものが表に出てくるんですね。


スポンサーリンク



新しい技術の開示には、利権が絡んでいる

一般的に「表沙汰になる技術」というのは、技術が発明されたから出てくる・・・というワケじゃないんです。

まず、「その技術がどのようにビジネスとして成り立つのか?」とか、あとは、その技術に利権とかがいっぱい絡んで、この技術を出せば一部の方々は利益が出るな☆という「計算」を成り立たせてから、技術というものは表沙汰になるもんなんですね。

わたし自身の考えとしては、フリーエネルギーも、すでに開発済みだと考えてるんです。

皆さんも、ニコラ・テスラって知ってると思うんですけども、空気中の何にもないところからエネルギーを取り出して、それで電気エネルギーを作るっていう、「ニコラ・テスラの世界システム」という構想が、今からもう100年位前にあったんですね。

関連記事
ニコラ・テスラと世界システム。フリーエネルギーは実在する!?

ただ、結局は同じ時代に発明家として生きていたトーマス・エジソンの方が、色んな理由によって、発明家として表舞台に立つことになったんです。

今わたしたちの世界で使われている電気のエネルギーの仕組みというのは、トーマス・エジソンの発明した仕組みを使ってるんですね。

では、ニコラ・テスラの発明した「フリーエネルギーのシステム」はどうなっちゃったの?って言うと、一般的には「闇に葬られた」・・・と言われてるんです。

実は、ニコラ・テスラは、トランプ大統領と縁があるらしくて、トランプさんの親戚おじさんが科学者か研究者かなんかで、その人がテスラと仲良しだった・・・という話があるですね。

だから、そんな縁もあってか、トランプさんはニコラ・テスラにしスペクトされている「テスラモーター」とか「スペースX社」のイーロン・マスクを結構絶賛してますし、おそらくは、ニコラ・テスラの隠蔽されたと言われているフリーエネルギーの技術についても、何か知っているんじゃないかな?って思うんです。

つまり、こういう事からも想像できる様に、実はトランプさんが大統領になってから、今の資本主義システムの変革が始まっていた・・・とも言えるんです。

トランプさんはアメリカ・ファーストなんですけども、アメリカ・ファーストというのは、「もうアメリカは世界の警察管ではないですよ!」、「米ドルも、世界の基軸通貨じゃないですよ!」って意味なんですね。

だから、この時点から、先ほどお話した様に、世界の通貨システムは「合成覇権通貨」に切り替えることが計画されていたんじゃないかな?って事も予想できるんですね。

 

まとめ

とりあえず、わたしの予想としては、これから数年で起きることは、まず、合成覇権通貨への切り替えなんですね。

そのための通過点として、そんなに大事にはならない金融のクラッシュが起きるだろうと・・・。

そして、新しい金融システムになった時に、今までのように「借金をして利子が発生する仕組み」とか、あとは「価値を貯蔵する仕組み」とかが、無くなるんじゃないかな?なんて事も予想しております

つまり、貯金をしていても、価値がどんどん目減りしていくようなお金の仕組みだったら、みんな嫌でもお金使うから、上手いこと経済が回るんですね。

同時に、多くの人はAIとロボットに仕事を任せて働かなくなるから、ベーシックインカムで暮らしていく・・・ということになると思うんですよ。

貯金が意味をなさないお金の仕組みになっても、ベーシックインカムがあれば、ちゃんと成り立つんですね。

あとはこの時に、「その人がどういう人なのか?」という、人の信用が「評価ポイント」として、その人の価値として付与されていくシステム、つまりは、以前から話している、「信用評価制度」の仕組みも、新しいお金の仕組みに組み込まれていくんじゃないかな?って考えております

関連記事
お金がいらない社会がやってくる!? 貨幣経済の終焉と新しい世界
清く正しい人が評価される時代へ。AIによる「信用スコア制度」と人類進化のお話
評価経済と人類進化のお話

あとは、これからは、情報開示も色々と起きてくるんじゃないかなって思うんです。

もしかしたら、結構早い段階でフリーエネルギーが発表されるかも知れませんし・・・

あとは「宇宙人」ですね(*´∀`*)ノ

わたし個人の希望的観測としては、早いとこ「あっ実は宇宙人居るんです〜、皆んな隠しててゴメンね〜!」とか言っちゃえばいいのにって思うんですけども・・(笑

ただ、宇宙人の話題に関しては、まだはっきりとは言わないだろうな〜って予想をしております。

とにかく、これからは「心の時代」なんですね☆(*´∀`*)

人として、ちゃんとした人が、ちゃんと生きやすい時代になるんです☆

と言っても、これからも天災地変も起きますし、地震とか台風とかもバンバン起きるのは、これは間違いないんですね。

でも、それで大変な事になるのか?というと、そうじゃないんです。

人として、ちゃんと「愛在る生き方」をしていれば、何が起きても関係ないんですよ☆

そして、もう一人ひとりの個人が、大きな資産を抱え込む時代じゃないんですね。

不動産にしてもそうなんですけども、そもそも土地は人間の所有物じゃないんですね。

土地というのは、地球さんのものなんですよ(*´∀`*)ノ

だから、不動産業界も、これから大きく変わっていくんじゃないかな?って思いますし、もう、モノや資産を個人が抱え込む時代じゃなくて、これからはシェアリングする時代なんですね。

関連記事
人間は地球に迷惑をかける事を前提に、神によって造られている

車にしてもそうなんです。

もう、個人が車を所有する時代じゃなくなるんです。

家にしても、賃貸で住む人が、どんどん増えいくんですね。

仕事にしても、会社が一人の人間を拘束する時代じゃないんです。

前の動画で話した通り、今後はフリーランスの方の割合も増えますし、仕事をする人は、もう「労働者」じゃなくて、全員が「経営者的な考え方」をちゃんと持てる人で、そんな人が、複数の会社とプロジェクト単位で仕事の契約をしたりする「パラレルワーカー的な働き方」になるんですね。

関連記事
これからの時代、仕事やお金の在り方など、どう変わるのか?

でもこれは、逆に言うと「完全な実力社会」なんです。

実力社会ですけども、嘘のないフェアーな社会なんですね♪

 

とまぁこんな感じで、今日は、これから数年の未来予測的なことを話してみました。

もちろん、このお話は、あくまでもわたしの見解に過ぎませんので、信じるか信じないかは、皆さんにお任せ致します。

というわけで、今日もご視聴頂き、ありがとうございました!

スピリチュアリストのNORIでした。


スポンサーリンク



Youtube動画はこちら